2010年06月08日

<ザ・コーヴ>上映中止…抗議相次ぎ 渋谷の映画館(毎日新聞)

 日本のイルカ漁を批判した米のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」を上映予定だった東京都渋谷区の映画館「シアターN渋谷」が3日、映画の公開中止を決めた。映画館から配給会社に連絡があった。

 配給会社によると、市民活動団体から映画館に、「内容が反日的だ」などと公開中止を求める抗議電話や、街頭宣伝活動の予告が繰り返されたため。抗議電話などは配給会社にもあったという。

 映画は、26日から東京都内でシアターNなど2館で、そのほか全国24館での順次公開を予定していた。シアターN以外の映画館も、公開について検討中という。

 映画は、米国などの自然保護活動家が、和歌山県太地町でイルカ漁の実態を隠し撮りするなどして、漁の中止を訴えている。今年の米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した。日本での公開に際しては太地町などからの抗議を受け、撮影された町民の顔を隠すなどの画像処理を行う予定だった。

 配給会社は「決して反日映画ではない。内容について深く建設的な議論をすることが必要と考えている」としている。

【関連ニュース】
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」受賞に和歌山反発

【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)
<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)
東大阪市 ラガーシャツで勤務…ラグビーW杯誘致目指し(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 08:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。