2010年04月20日

地方への逆流 韓国、法科大学院の誕生で(産経新聞)

 【隣の司法改革】(下)

 韓国中部・忠清北道にある国立忠北(チュンプク)大法科大学院(ロースクール)。ほかの法科大学院同様、客室乗務員や警察幹部、記者と、院生らの経歴はバラエティーに富む。中には脱北者の院生もいる。ただ、出身校ではある偏りが出た。

 ソウル大に高麗(コリョ)大、延世(ヨンセ)大といった韓国の上位3校をはじめ、入学者の大半をソウルの名門大出身者が占めたのだ。忠北大の人気は高く、今年度入学の倍率は前年度を上回る4・6倍に上った。

 一期生の李東勲(イ・ドンフン)さん(29)もその一人で、この地方で生まれ育ったが、法学部で有名なソウルの成均館(ソンギュングァン)大に進学した。「勉強ができる子はソウルの大学に進学するのが常識だった」

 韓国の首都ソウルへの一極集中は日本以上にすさまじく、人口の半数が首都圏に暮らす。特に有名大のほとんどがソウルに集中している。それが法科大学院の誕生で地方への逆流という現象が起きている。

 《日本の法科大学院では、東京など大都市の院への志願者の集中が大きな問題となっている。74校の8割が定員割れだが、そのほとんどが地方校。入学者ゼロという学校まで現れた》

   □ □ □

 韓国では、なぜ逆流が起きたのか。院生らに聞いてみると、大学院ごとに専門分野を特化したことに理由の一つがあった。

 例えば、高麗大は国際法務、医学部で有名な延世大は医療・科学技術関係法など。流通拠点にある釜山(プサン)大は金融・海運通商に関する法で、政府がIT企業誘致に力を入れる地域にある忠北大はIT法だ。

 忠北大法科大学院生の任孝鎮(イム・ヒョジン)さん(28)は4年間ゲーム制作会社に勤務し、ネットやゲームに関する法の規制を実体験したことが、入学の理由だった。

 「オンラインゲーム開発は韓国でも数少ない世界をリードする分野。法律知識を身に付ければ、紛争解決の世界基準を示すこともできる」

 法科大学院教授の一人は「例えば医療事故裁判など高度な専門知識なしでは解決できない問題が増加している」と専門特化の必要性を語る。国際法務が専門の高麗大法科大学院教授は「グローバル化のなか、国際法の知識に加え、韓国法を英語や日本語で説明できる能力が求められている」と指摘する。

 地方の国立大が人気な理由のもう一つが学費の問題だ。少数精鋭の授業環境を保証するため、ソウルの私大では、年間の学費が旧来の法学部の倍以上の2千万ウォン(約160万円)に上る。ただ、地方の国立大が安いといっても1千万ウォンはかかり、法科大学院教授は「院生らの学費負担をどうしていくか、社会全体が悩まなければいけない課題だ」と話す。

   □ □ □

 今でこそ順調な滑り出しにみえる韓国の法科大学院だが、開校当初はどの学校でも「法学部出身でなくても授業についていけるのか」「従来の司法試験合格者に比べ劣るとみられるのではないか」と不安を口にする院生が後を絶たなかったという。

 全国の法科大学院の代表らが集う会議でも「司法試験に代わる新しい弁護士資格試験の中身はどんなものか」など、将来の不安に話題が集まる。

 「院生の精神面のケアに力を注いでいる」という忠北大法科大学院の盧秉昊(ノ・ビョンホ)院長はこう指摘する。

 「弁護士資格試験が旧来の詰め込み式ではなく、実際的な知識を問い、十分な合格者数が保証されるものになるかに成否がかかっている。でなければ、新制度が有名無実化しかねない」

 その答えが出るのは最初の修了生が社会に旅立つ2年後。そのとき日本の法科大学院はどう変革しているのだろうか。(桜井紀雄)

【関連記事】
受験生「後がない」競争激しい旧試験
「日本は反面教師」韓国ロースクール誕生1年
政党の「無気力」が国家を亡ぼす
国際資格支援のアビタス、米国弁護士コース開講
人権問題解決に全力 国際NGOの日本代表 土井香苗さん
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
こいのぼりがお目見え=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
<郵便不正裁判>団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
新党の略称は「日本」に(産経新聞)
posted by エビナ シズオ at 03:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

交通切符入りかばん紛失、逃走バイクに引っかかる(読売新聞)

 静岡県警富士宮署は10日、男性署員が、交通切符などが入ったかばんを紛失したと発表した。

 発表によると、9日午後4時15分頃、富士宮市山宮の市道で、取り締まり中の署員の前を、ヘルメットを付けずに男同士2人乗りした原付きバイクが通り過ぎようとした。署員が停止させようと追いかけた際、持っていたかばんのベルトがバイクに引っかかったが、2人組はそのまま逃走した。かばんは縦約20センチ横約30センチの黒の合皮製で、未使用の交通切符約15枚などが入っていた。同署はかばんの行方を捜索しており、伏見豪次長は「紛失は極めて遺憾で、かばんの適切な取り扱いの指導を徹底したい」とコメントしている。

情報公開制度見直しへ=検討チーム新設、6月に結論−枝野行政刷新相(時事通信)
明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)
<田辺三菱製薬>「反省の姿勢ない」C型肝炎原告、強く批判(毎日新聞)
髄液減少症、検査は保険対象=治療法は2年後適用目指す−厚労省(時事通信)
<新党>「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)

 埼玉県警上尾署は5日、久喜市菖蒲町小林、トラック運転手岸和也容疑者(24)を危険運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 発表によると、岸容疑者は3月21日午後6時20分頃、伊奈町小室の町道で乗用車を運転中、交差点の赤信号を無視して直進し、右からきた蓮田市の少年(18)のバイクと衝突、少年にねん挫などのけがを負わせたまま逃走した疑い。

 少年はピザを配達するアルバイトの途中だった。

 調べに対し、岸容疑者は「彼女を迎えに行くので急いでいた」などと供述しているという。

<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)
花見客から置き引き容疑、同志社大生2人逮捕(読売新聞)
新潟大ヨット4隻転覆、6人救助…強風の日本海(読売新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)
posted by エビナ シズオ at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。