2010年02月04日

4氏が届け出=岐阜市長選(時事通信)

 任期満了に伴う岐阜市長選は31日告示され、新人で元中学教諭の大西隆博氏(44)、現職で4選を目指す細江茂光氏(61)、新人でコンサルティング会社社長の浅野真氏(41)、新人で主婦の岩田良子氏(52)の無所属4氏が立候補を届け出た。投開票は2月7日。
 大西氏は教育改革を主張、細江氏はこれまでの実績を強調しつつ「医療・健康立市」などを掲げる。浅野氏は国民健康保険料の10%減額、岩田氏は公務員改革などを訴えている。 

【関連ニュース】
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相
名護市移設、地元情勢は困難=「普天間」で米次官補と会談
法的決着発言「例えばの話」=官房長官、社民幹事長に釈明
普天間、閣内の溝鮮明に=現行計画、選択肢か否かで
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明

沖縄・読谷村の死亡事故、ひき逃げで米兵起訴(読売新聞)
法的決着発言「例えばの話」=官房長官、社民幹事長に釈明(時事通信)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
<山田洋次監督>「ベルリン」特別功労賞を受賞(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ(読売新聞)

 東海道新幹線で先月29日、「補助吊架(ちょうか)線」が切断して停電し、乗客約14万9000人に影響が出たトラブルで、JR東海は1日、切断の原因は、パンタグラフの部品を交換した際にボルトを締め忘れた人為ミスだったと発表した。

 発表によると、パンタグラフが損傷した東京発の「こだま659号」に使われた車両は先月27日夜に点検した際、T字状になっているパンタグラフの横棒部分が傷んでいるのが見つかり、28日未明までに東京都品川区の同社修繕所で横棒部分を新品に交換したという。

 この際、台座に固定するボルト4本を作業員が閉め忘れてしまったため、29日のトラブルの際にまず、パンタグラフの横棒部分が台座から脱落。架線を固定するアームに台座部分がひっかかり、補助吊架線が切断されたとみられるという。

 同社は、作業時の点検を強化するなどして再発防止を図るという。

「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)
日中歴史共同研究 日本側「苦渋の譲歩」中国側、繰り返し圧力(産経新聞)
首相、外国人参政権は「法案提出に向けて論点整理」 参院代表質問の答弁で(産経新聞)
<黄砂>飛来情報のHP 環境省が開設(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 04:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。