2010年02月02日

<スマトラ沖地震>引き金は潮汐力 防災科技研(毎日新聞)

 04年のスマトラ沖大地震で、月や太陽の引力=潮汐(ちょうせき)力=が発生の引き金になった可能性が高いことが、防災科学技術研究所の田中佐千子特別研究員の分析で分かった。潮汐力は、地震を起こすひずみの1000分の1程度だが、大地震発生の「最後の一押し」になったという。米地球物理学会誌(電子版)に発表した。

 スマトラ沖大地震では、地震の規模を示すマグニチュード(M)が9.0を記録。大津波も発生し、22万人以上が犠牲になった。

 研究チームは1976〜2008年に大地震の震源域周辺で発生したM5以上の約600地震を調べた。

 その結果、潮汐力が断層に最も影響を及ぼす時間帯に、平均の2倍に当たる約16%の地震が発生していることが分かった。逆に最も弱くなる時間帯では約5%にとどまった。

 また、潮汐力が強くなる時間帯に地震が集中する、という関係は95年ごろから次第に明確になり、04年の大地震発生後にはあいまいになったという。

 このことから、M5以上の地震の頻度が潮汐力の強いときに増え始めると、大地震が迫っていることを知る手がかりになるという。田中さんは「大地震発生の長期予測に役立てていきたい」と話す。【石塚孝志】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
社説:ハイチPKO 復興に日本の経験を
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症

<岡田外相>「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ(毎日新聞)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
<かずさアカデミアパーク>経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)
負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花−鹿児島(時事通信)
<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)

 2003年に愛知県一宮市の「一宮西病院」に入院した女性(当時80歳、1審判決前の06年に死亡)が不必要な身体拘束で心身に苦痛を受けたとして、女性の遺族が、病院を経営する社会医療法人に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が26日、最高裁第3小法廷で開かれた。

 近藤崇晴裁判長は「今回の行為は女性が重大な傷害を負う危険を避けるため、緊急的にやむを得ず行ったもので、違法だとは言えない」と述べ、病院側に計70万円の支払いを命じた2審・名古屋高裁判決を破棄し、原告側の請求を棄却した。原告側の敗訴が確定した。

 患者に対する身体拘束の違法性が争われた訴訟で、最高裁が判断を示したのは初めて。最高裁は、身体拘束は原則として許されないとする一方、例外的に違法性が否定される場合があることを示した。

 判決によると、女性は03年10〜11月、腰痛などのため同病院の外科に入院。意識障害の症状もあり、11月16日未明に何度もベッドから起きあがろうとしたことなどから、看護師がひも付きの手袋を使って、約2時間にわたって拘束した。女性は手袋を外そうとして手首などに軽傷を負った。

 同小法廷は「身体拘束は患者の受傷を防止するなど、やむを得ない場合にのみ許される」と述べた一方、拘束しなければ女性が骨折などを負う危険性が高かったことや、拘束以外にこれを防止する適切な方法がなかったことなどから、違法性は否定されると判断した。

 1審・名古屋地裁一宮支部は06年9月、「拘束以外に危険を回避する手段はなかった」などとして違法性を否定。2審は「重大な傷害を負う危険があったとは認められない」などとして、拘束を違法と判断していた。

第2次補正予算案、参院で審議入り(医療介護CBニュース)
<雑記帳>映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
鳥取連続不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 連続殺人に発展か(産経新聞)
2次補正巡る審議、景気・雇用情勢への論議低調(読売新聞)
<シチズン・オブ・ザ・イヤー>青森の吉島美樹子さんら表彰(毎日新聞)
posted by エビナ シズオ at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。