2010年01月28日

「スマートグリッド」日米共同事業 日本から31社が参加(産経新聞)

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は28日、2010年度から米国のニューメキシコ州で始まる次世代電力網「スマートグリッド」の日米共同実証事業の事前調査について、東芝や京セラなど31社・機関が日本から参加すると発表した。3月末までに事業化が可能な研究テーマを評価し、4月には事前調査参加者の中から実証事業者を絞り込む。自然エネルギーの大量導入時代を支える“賢い電力網”の有効性を確かめる大規模プロジェクトの体制づくりが大詰めを迎える。

 日米共同実証事業の総事業費は、約130億円の見込み。このうち日本が、約30億円を負担する。日本は米ロスアラモス地区とアルバカーキ地区の2カ所で行う実証事業で米国と連携して、NEDOがリーダー役を務める。その下に4つのグループを編成し、4年計画の実証事業を進める。

 今回NEDOは、その実証事業前の調査に協力する委託先を決めた。東芝など2社以外では、日立製作所やシャープ、日本ガイシ、明電舎、伊藤忠商事、清水建設などが参画する。

 スマートグリッドは情報通信技術を駆使して電力の流れを最適に制御する技術で、天候に左右される自然エネルギーを大量導入する場合に威力を発揮する。

 実証事業では、太陽光で発電した電力と蓄電池を組み合わせた次世代送電システムの試験を進め、既存電力網への影響について調べる。加えて、家庭で消費する電力をリアルタイムでデータ化し電力事業者に自動送信する高機能電力計「スマートメーター」などを活用した試験も、一般住宅と比較しながら実施。スマートグリッドの国際標準化活動につながる成果の獲得をめざす。

【関連記事】
東芝、次世代電力網実証実験設備を受注 技術汎用化 海外展開狙う
台風や雷でも「365日24時間」電力安定供給
経産省 次世代送電網フォーラム 民間主導、国際規格めざす
巨大電機メーカー 再編進むも視界は不良?
自然エネ×コージェネ活用 東京ガス、芝浦再開発で導入 実用化加速

<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
石川容疑者ら3人の勾留延長(産経新聞)
犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)
posted by エビナ シズオ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)

 小中学生の深刻な理科離れを改善しようと、京都大学大学院農学研究科の谷坂隆俊教授(植物育種学)が22日、「イネの品種改良」をテーマにノートルダム学院小学校(京都市左京区)の5年生計39人に授業をした。

 大学の研究者が月替わりで小中学校に出向き、児童らに授業を通じて研究の楽しさを知ってもらおうと、「博士の出前授業」と銘打ち、産経新聞が企画した。

 1回目となる今回の授業で谷坂教授は、「現代のイネは人類が品種改良を繰り返して作り上げた芸術作品といえます」などと説明。約1万5千年前の姿をとどめる野生のイネを教室に持ち込み紹介したほか、収量が倍増するといわれる稲穂が垂れない直立型のイネや、失明を予防するためにビタミンAの元が入っている黄色の米など品種改良技術も披露した。

 児童らは「品種改良には、どれほどの時間がかかりますか」などと積極的に質問。谷坂教授は「10年〜15年以上かかります」と答え、「時間がかかるからこそ研究に力を入れなければならない。日本は米などの食糧自給率が低いことに危機感を抱いています」と話した。

 授業を受けた楠本理久君(10)は「品種改良がこんなにすごい技術とは知らなかった。科学にさらに興味がでました」と話した。

【関連記事】
災害に役立つ「48のワザ」 小中学生に防災実技教材
食育にベニズワイガニ、杉並で出前授業 24日、鳥取の漁協
神戸大・慶応大・京都大がMBA教育で提携
科学に触れて疑問を感じよう
未来のため「科学する心、社会で支えて」

伊藤博文の夜会メニュー展示=山口〔地域〕(時事通信)
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選確実(読売新聞)
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正−法務省研究会(時事通信)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
posted by エビナ シズオ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

<札幌テレビ放送>ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送(毎日新聞)

 札幌テレビ放送(STV)とキー局の日本テレビは25日の昼のニュース番組で、同日逮捕された北海道美唄市の道道であった死亡ひき逃げ事件の容疑者として、別人の顔写真を誤って放送した。両社は、同日夜と26日昼のニュース番組の中で訂正し、謝罪した。

 STV総務部によると、別人の顔写真は25日の全国と地方のニュースで計2回放送。放送後、容疑者と同じ月形町の視聴者から連絡があり、容疑者として放送した顔写真は、同町内に住む別人と判明した。

 同部は「複数に確認したうえで放送したが、結果的に確認作業が不十分だったと言わざるをえない。関係者と視聴者にご迷惑をおかけしたことをおわびします」と話した。

【関連ニュース】
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
ひき逃げ:容疑で73歳女逮捕 男児に重傷負わせ 愛知
女性死亡:車体にはね上げ7キロ 容疑の女逮捕 宇都宮
ひき逃げ容疑:米兵を逮捕 沖縄県警

「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
<鮒市>1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
車内に2人組の男、カーナビ奪い逃走 大阪・岸和田(産経新聞)
踏切で1人倒れ、助けようと…高齢夫婦死亡(読売新聞)
posted by エビナ シズオ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。